福祉車両

福祉車両いろいろ相談コーナー

ご相談にあたって

『お客様に合った福祉車両をお選びいただくために』

私たちは、お客様の目線に立って各種ご相談のお役に立ちたいと思っております。

クルマ生活の中でお困りになっている事やご要望をお聞きし、お客様に合った最適な福祉車両選びやカスタマイズのご相談、障がいがある方が自ら運転するクルマの運転装置・補助具などのご相談について一緒に考えていきます。

ご高齢の方、障がいがある方、介助が必要な方、介助者、運転者、すべての方がクルマを安全で快適にお使いいただけるよう専門知識を持ったスタッフがご相談をお待ちしておりますのでどんなことでもお気軽にご相談下さい。

よくあるご相談内容
  • 障がいがあるが運転免許を取りたい。
  • 福祉車両を実際に見てみたい。
  • 自分のクルマをカスタマイズして運転したい。
  • 車いすの購入を検討している。
  • 障がい者スポーツにチャレンジしてみたい。

上記はほんの一例です。どんなことでもお気軽にご相談ください。

福祉車両に関するQ&A

車両選びについて
頚椎損傷の後遺症で両足マヒで手にも障がいがあり、手の力が弱く指先が利かないのですが、自分で運転できるクルマを見つけたいのですが、アドバイスしてもらえますか?
喜んでご相談に乗ります、何人かアドバイスした経験がありますので、お役に立てると思います。
脊髄損傷で12番胸椎以下マヒの障がいですが、家族構成等の関係でミニバンのエスティマを運転したいので、運転席への乗降のアドバイスをしてもらえますか?
受傷部位の機能からは、充分乗降可能ですので、一緒に練習しましょう。コツを覚えると簡単にできると思います。
商品・仕様について
燃費は標準車と同じですか?
重量が標準車と異なるため、若干悪くなる場合もありますが、大きな差ではありません。
ウェルキャブの保証はどうなっていますか?
標準車と同様です。架装部分については、3年または6万キロ保証となります。
免許取得の教習はどこで受けられますか?
都道府県警察の運転免許試験場の運転適正相談窓口で適正相談・検査を行い、適格な車両とその車両を持っている教習所を紹介してくれます。
急に身体が不自由になったが、更新まで免許はこのままで大丈夫ですか?
都道府県警察の運転免許試験場の運転適正相談窓口で適正相談・検査を行ってください。
リフトアップシートの耐荷重はどれくらいですか?
体重100kgの方まで耐えられるよう設定されています。
ポルテサイドアクセス車を、自分の車いすで乗れますか?
安全基準をクリアするには車いすの強度としっかりと車いすを固定する強度が必要なため、専用車いすでないと使用できません。
リフトアップシートの乗車位置は何故左側が多いのですか?
乗り降りする場合、歩道側のほうが安全な場合が多いからです。
脱着タイプの電動車いすのバッテリーは、クルマの中で自動的に充電しますか?
自動では充電されません。専用の充電器があり、ご家庭の100V電源から充電してください。
脱着タイプの電動車いすの走行距離と充電時間はどれくらいですか?
ひとつのバッテリーで約4km。予備のバッテリーを積めるので8km程走行できます。充電時間はひとつで約3時間程です。
ピラー部分に取ってを付けたいのですが?
アシストグリップの取付が可能です。
登録・税金について
ウェルキャブ購入時にオプションで装着したナビゲーションも消費税が非課税になりますか?
ウェルキャブには、車両本体価格が消費税非課税の車両と、消費税課税の車両がありますが、車両本体が非課税の車両はオプションも非課税となります。
福祉車両の購入について介護保険は適用になりますか?
なりません。